1. TOP
  2. MT4
  3. 自分だけの武器を手に入れろ!MT4のカスタム方法を解説!

自分だけの武器を手に入れろ!MT4のカスタム方法を解説!

アイキャッチ画像

MT4を初めてダウンロードして、画面を開いたとき、
なんだかとっつきにくそうな感じがするのは私だけでしょうか?

チャートの背景が黒く、ロウソク足も”さえない”色だからなのか、暗く感じてしまいます。

もちろん、この色合いが好き!という方には問題ないのですが、
トレードをしていくために、毎日目にするチャートですので、
自分好みの雰囲気に変えてみるのもいいかもしれません。

また、FXに参加する人たちは、トレードに費やせる時間の違いによって、
デイトレードやスキャルピングトレード、スイングトレードなど、トレード手法が異なり、
分析手法や使用するインディケーターも違ってきます。

今回は、MT4チャートの見た目の変更方法や、
様々なインディケーターの表示・設定方法について解説していきます。

 

チャートの見た目を自分好みにカスタマイズ!

 

色の設定

 

MT4の画面

 

チャートの見た目を変更していきます。

デフォルトでは背景色が黒になっているので、暗い印象です。

そこで明るい雰囲気に変更してみたいと思います。

色を変更するには、画面上にある「チャート」→「プロパティ」と進みます。

 

MT4のチャートバー

 

プロパティ画面が表示されるので、ここで変更をしていきます。

 

MT4のプロパティ画面

 

デフォルトの状態では、背景色「Black」、前景色「White」です。

これを背景色「White」、前景色「Black」に変更します。

 

MT4のプロパティ画面

 

赤く囲んだ部分をクリックすると色の選択肢が出てくるので、「White」をクリックします。

同様に前景色を「Black」にします。

 

MT4のプロパティ画面

 

変更後の見え方が左側に表示されています。

それでは次に、ロウソク足の色を変えてみます。

 

MT4のプロパティ画面

 

「上昇バー」と「上昇ロウソク足」をそれぞれ「Pink」、
「下降バー」と「下降ロウソク足」をそれぞれ「Aqua」に設定変更しました。

これでチャートの色合いが明るくなりました。

「OK」をクリックして変更を反映させます。

 

MT4の画面

 

デフォルト時のチャートより明るくなりましたね。

もちろん、これは個人の好みの話なので、ご自身が好きな色合いに
それぞれカスタマイズしてみてください!

 

インディケーター挿入・設定方法

 

次に、インディケーターを挿入する手順を解説していきます。

トレーダーごとに、使用するインディケーターは異なってくるので、
主要なものをピックアップして紹介していきます。

 

移動平均線

 

代表的なトレンド系インディケーターと言っても過言ではないでしょう。

多くのFXトレーダーが使用しています。

MT4では「Moving Average」と表現されます。

 

MT4インディケーターの挿入

 

MT4でインディケーターを挿入するには「挿入」→「インディケーター」と進みます。

ここでは移動平均線を表示させたいので、
さらに「トレンド」→「Moving Average」をクリックします。

移動平均線のプロパティ画面が出てくるので、細かい設定をしていきます。

 

移動平均線プロパティ画面

 

「パラメーター」で設定ができます。

チャートに挿入する移動平均線の期間を選択します。

この「期間」は確認の手法によって変わってくる部分です。

自分なりに設定を変更しながら、自分に適した期間を探すと良いです。

「スタイル」で線のタイプ太さなどを変更できます。

 

移動平均線のプロパティ画面

 

「表示選択」でどの時間足に表示するのかを選択することができます。

すべて設定が完了したら、「OK」をクリックします。

 

移動平均線が表示されたチャート

 

しっかり移動平均線が表示されています。

 

ボリンジャーバンド

 

移動平均線と同等にトレーダーに愛用されているのがこの「ボリンジャーバンド」です。

統計学の理論が用いられており、「±2αまたは±3αの線にぶつかったら順張りor逆張りのポイント」
と判断する手法などに使用されます。

これもまたトレンド系インディケーターなので、
「トレンド」→「Bollinger Bands」とクリックしていきます。

 

インディケーター挿入画面

 

ボリンジャーバンドのプロパティ画面で設定していきましょう。

ボリンジャーバンドプロパティ画面

 

「偏差」の部分で2と入力すると、±2αのバンドを挿入することができます。

±3αのバンドを挿入したい場合は、ここを3と入力すればOKです。

 

ボリンジャーバンドがチャートに表示

 

MACD

 

次にオシレーター系インディケーターの代表ともいえる「MACD」の挿入方法を解説します。

MACDは指数平滑移動平均線(EMA)の短期線と長期線の乖離幅を表したもので、
「メイン」「シグナル」ゴールデンクロス(下から上へのクロス)した時「買いサイン」
デッドクロス(上から下へのクロス)した時「売りサイン」、
という売買判断を行うのに使用されます。

オシレーター系なので、上述の2つとは異なり、
「挿入」→「インディケーター」→「オシレーター」→「MACD」と選択していきます。

 

インディケーター挿入画面

 

MACDプロパティ画面で設定します。

 

MACDのプロパティ画面

 

短期EMAと長期EMA、シグナルを入力します。

 

MACDプロパティ画面

 

「色の設定」でメインとシグナルの色や線のタイプ・太さを設定し、「OK」をクリックしましょう。

 

MACDが表示されたチャート画面

 

オシレーター系のインディケーターはメインチャートとは別のウィンドウに表示されます。

 

RSI

 

最後に「RSI」を紹介します。

これもMACDと同様、代表的なオシレーター系インディケーターです。

RSIは「相対力指数」とも呼ばれ、RSI水準が70%を超えると「買われすぎ」=「売りシグナル」、
30%を下回ると「売られすぎ」=「買いシグナル」と判断できます。

MACDを挿入した時と同じ手順で表示させていきます。

 

インディケーター挿入画面

 

MT4では「Relative Strength Index」と表示されています。

 

RSIのプロパティ画面

 

また新しいウィンドウに表示されます。

 

RSIが表示されたチャート

 

自分の武器をアップグレードしていこう!

 

今回解説したもの以外にも、MT4では様々なインディケーターが用意されています。

自分に適したものは何か日々試行錯誤して、
「モチベーションが上がる&利益が出せる」自分だけのチャートを作っていこう!

 

\ SNSでシェアしよう! /

FX必勝ツール「MT4」を使いこなすために必要な秘訣の注目記事を受け取ろう

アイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FX必勝ツール「MT4」を使いこなすために必要な秘訣の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • アプリ版MT4を手に入れて、いつでもどこでもFXトレード!

  • 自分だけの武器を手に入れろ!MT4のカスタム方法を解説!

  • MT4初心者必見!5分で理解!MT4画面の見方を徹底解説!

  • FXで勝つために!経験者がデモトレードを推奨する理由

関連記事

  • MT4初心者必見!5分で理解!MT4画面の見方を徹底解説!

  • MT4を利用できる!オススメ国内FX業者をご紹介します!

  • FXで勝つために!経験者がデモトレードを推奨する理由

  • アプリ版MT4を手に入れて、いつでもどこでもFXトレード!

  • FX必勝ツール「MT4」が利用できるおすすめ海外FX業者とは?

  • FXで勝つために、まずは必勝ツール「MT4」を使いこなそう!